髪を切らせていただくということ

お客様の髪を切らせていただくということ。

僕ら美容師に与えられた使命だということ。

髪は時間と共に成長していき、その人の1番傍で人生に寄り添うもの。

そこにはその人にしか分からない様々な物語があって、嬉しいこと、悲しいこと…

そんな大切な想いが積み重なったもの。

僕ら美容師はそこにハサミを入れて切り離す。

たかが1秒足らずの時間で、何千、何万時間積み上げた想いを切り落とす。

その切り口や切り落とされた髪に幸せが宿るのか、残酷さが残るのか、

僕らの想いがそこに宿るかだと思う。

お客様のことを全て理解して気持ちを汲み取ることは出来ない。

ただ寄り添うことは出来ると思う。

髪を切った瞬間からお客様の新しい物語が始まっていく。

そこにお客様の笑顔が想像出来る、そんなハサミの入れ方をしたい。

僕らが忘れてはいけないこと、

それは1人1人大切な想いがあるということ。

ヘアスタイルを作るということは、その人の未来を作るかもしれないということ。

僕はそんな覚悟を持って、ハサミ握りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です